ここからリ・スタート 極薄のび~るシルキーブライトGストをもう一度

0 0
前々々回?だったっけかな。
オレとしたことが、予期しない出来事で、まともなモニターにならなかった。
こりゃあ、やっぱ、まずいぜ。ってことで、一からやりなおし。
極薄のび~るシルキーブライトGストリング(109A-D)のサックスカラー。

gb1-1
今日はぜんぜん違うぞ。ギリギリデニムもちゃらいシャツもな~~し。
Gストいっちょで、勝負!

gb1-2
最近は朝か昼間明るい時に撮影するのふつうになっちゃってるけど、
今日、シゴト終わってからプールで泳ぎながら、ふと、
トレーニング後って今まで撮ったことねーな、と気がついた。
だったら、いっちょ、やってみるか~~。で、メシ食って帰って夜の9時から撮影開始。

gb1-3
3日続けてプールで泳いで、トータル10,000m越えた。
まあ、現役の競泳選手だったら1日で泳ぐ距離だろうけど、
リーマンのストレス解消運動としては、泳ぎ過ぎ、なんだろうな。
でもこんくらい泳がないと、オレは泳いだ気がしねー。

gb1-4
で、スイム後のボディで、極薄のび~るGストをもう一度モニターするッス。
クリックしてデカイサイズを見てもらえばよくわかると思うけど、ネーミングのまんま。
実によくのび~~る。竿&タマタマにぴた~~っと張り付く感じで、
フォルムもやーらしいくらい、クッキリはっきり&モッコリ。
カリまでみえちゃって、ツミツクリなGストだぜ。
だから、”極薄のび~る”にはまっちゃうんだけど。
夜だから、久しぶりにサイドライトでちょいソフトフォーカス気味にふぇち撮り。

gb1-5
3日間、4000m,3600m,3300mと泳いでも、筋肉痛がでないカラダになってきた。
ちっとは筋肉ついたかな?
なんか、会社じゃ、いつも肩をいからして歩いてるように見えるらしいけど・・・
昼休みにTシャツ姿になると、真っ裸みたいだっていわれる。
見せつけてるつもりは・・・、ちょっとは、ある。あっはっは。昼休みぐらいはいいだろ。

gb1-6
このライティングじゃ、Gストのビミョーなサックスカラーがでないから、変えマッス。

gb1-7
別のライティングで。ちょい明るく。どう?
夜の夜中にこのライティングはなかなか、むずいぜ。

gb1-8
でもなあ、う~~ん。
オレ、別にガチムチめざしてるわけじゃないんだけど・・・なんか・・・
そっち系にいきそうな、別れ目にきてる?

gb1-9
右腕、ムクッ(ちょい、ソフトフォーカスでブレ)。Gストはピクッ。
10
gb1-10
両腕、ムキムキッ(やっぱりブレ)。Gストはピクピクッ。
11
gb1-11
ふ~~う。Gスト(バックショットは今日は省略)は竿&タマタマを隠すだけのギリギリアイテム。
ボディのコンディションを見るのにうってつけだな。
12
gb1-13
これで、勝負! ってもの、アリだね。
だから・・・、どう? オレを食ってみる? うまいぜ。
なんちゃって~~。
13
gb1-12
ライティング遊びはこの辺まで。
ノーマルモードに戻そう。
14
gb1-14
今の焼き具合はこんな感じッス。
フラッシュのピカッ、で、Gストのシルキーブライトな感じがよくわかるだろ。
15
gb1-15
しかも、ごくごくうす~~く伸びきって、中がほの透けちゃって・・・たまんないね。
16
gb1-16
ほら、はきたくなってきただろ。シルキーなフィト感で、はきごこちバツグン。
伸びがいいから、全然きつくなくて、竿と玉をほわっと包んでくれる感じ。
17
gb1-17
ホイ。おいしい、アップカットで。
18
gb1-18
久しぶりにキャンドルライト遊びをしたくなった。
19
gb1-19
キャンドル1灯だけでも、極薄のび~るのスケ感がわかっちゃうな。
20
gb1-20
ほのくら~いキャンドルで、ふぇちにGストを楽しんで・・・
もう、中、ギンギン。ピッキピキ。
21
gb1-21
寝てばっかりじゃ、なんだから・・・・
22
gb1-22
突き立ててみたら・・・伸びるんだよなこのGスト。
23
gb1-23
グランスもくっきりはっきり。
24
gb1-24
あー、竿までほの透けちゃって・・・たまんねー
ツミツクリな極薄のび~るGストだぜ。
でも、トライする価値、バッチリおおあり、だね。
25
gb1-25
気合い入れて、リベンジで、
極薄のび~るシルキーブライトGストリング(109A-D)のサックスカラーを
ふぇちにモニターしましたっ。
はっきり言って、ナイス!だぜこれは。


紐パン狂ージングしたい野郎のSHOP  新宿プリン


WELCOME to TANZA's WORLD
別荘  twitter  jognote blogram

FC2 Blog Ranking 

ブログパーツ

blogram投票ボタン

↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

ページトップ