第10戦もGストおそるべし 怒濤のザ・ストロング・ヌード・ストリング!

2 0
マラダチでございます。
本日も引き続き、BEACH(?)de 対決、の第10戦をおとどけします。
対戦はさておいて、日本中マジで暑いッスねえ。
なんなんでありましょうか、この暑さは。
もう、うだるような日射で、夜は熱帯夜でふ~らふら、
昼は節電に協力して弱冷房。涼しいのか涼しくないのか、
わけもわからずふ~らふら、であります。
ところが、ところが、
このBEACH(?)はまたまた、なにやら怪しい雲行きでございます。
あ、またぽつりと雨が・・・・いったいここはどこなんだ!
それに、え、今日の対決はなんなんですか? Gスト兄弟の・・なんなの?
いきなり濡れ張り付き、なんですか? わたくしはナニも知らされておりません。

bd10-1
え? ちがう? シナリオと違う?
濡れる前のカットを撮りそこなった?
濡れちゃったらもう、濡れる前のカットなんて撮れないじゃないの。
この選手、いや、この野郎、アホ、でございます。
スタートになるはずの大事なカットを、こともあろうに撮り忘れるなんて、アホ、じゃ。
暑さでとうとうイカレたのでしょうか(もともとそうなの? あ、そう)。
ということで、いきなり張り付き対決にはいってしまいました。
でも、今日の対決ウェアは、いったいなんなんでしょうね。
濡れちゃったら、よくわからないじゃないですか。ねえ、皆さん。
え、ブライトツーウェイGストリング(95A-D)のヌード?
やっぱ、マッパなの?
ちがう? ヌードカラー? まぎらわしいなあ。
見た目はマッパそのものじゃないですか。
ウインナーソーセージの皮だけ張り付けたみたいで。

bd10-2
あ、資料映像がでてまいりました。昨年末の映像だそうです。
どうりで、ぬるいカットだなあ。よくこんなカット平気で出していましたね。
でも、これしかないんじゃ、しょうがないなあ。
もともと、ホワイトタイガーのインナーに穿いてくれとの依頼だったアイテムのようで、
選手もあまり記憶にないそうでございます。
ですから、このブライトツーウェイGストリングの、
ほんとうの実力を知って対戦に出てきたわけではないようです。
甘いですねえ。これはアブナイ。
穿きこんで、穿きこんで、竿をしごいてオッ立てて、オノレの股間を見ながら
雄汁を思わずたれ流すほど、ムラッとくる実力を知り尽くしてから、対戦に出て来るべきでありマス。
わたくし、マラダチは、そう思います。そうでしょ、皆さん。

bd10-3
ほらごらんないさい。短パンズリおろしただけで撮ってるじゃないですかア。
なめてかかってますね、このアイテムを。これじゃあ、先はあぶない。
それに怪しい雲行きも選手には不利です。
第8戦で苦戦したことを覚えてないのでありましょうか。
(なに? そんな過去は、記憶できない?)
(ほんのちょっと前のことなのに、そんなにはるか遠い過去なの?こいつには?)
(幸せなヤツだね、ある意味で。)
まあ、展開を見守っていくことにしましょう。

bd10-4
選手はどうやら、ふっきれたようであります。
バリバリ張り付き対決に入りました。
もう、ウインナーの皮でしかありません。
予告編で選手がつけたネーミングもたしかにうなずけますね。
ザ・ストロング・ヌード・ストリングって、テキトーにつけたら、
そのまま新宿プリンさんのメルマガで採用されちゃったじゃないですかア。ビックリ。
でも、よくこんなカッコをさらしていますねえ。マジでタイホ? かもね。
そうなっても、わたくしは知りません。中継しているだけでありますから。
でも、なんとういモッコリなの。竿玉そのまんまのふくらみじゃないですかア。

bd10-5
もう開き直っております。
どうとでもなれ、というふてぶてしい態度です。
隠すそぶりなど、かけらもありません。見たけりゃ見ろ、ですか。
(選手は、どんだけ透けてるのか、よくわかってない?)
透けてるっていう自覚ないの~~? ホント? マジで? あきれた)
そうなんですって~~

bd10-6
オっ。ウォーターフロントに移動しました。
相変わらず透けきった股間をおしげもなく開陳しています。
いったいこれから、どうするのでありましょうか。

bd10-7
入りました。水に入りました。
さて、どんな戦法を見せてくれるのでしょうかア。楽しみではありますが・・・
もう濡れきっているから、変わらんと思うんですけどねえ。選手には悪いけど。

bd10-8
これは・・・水に入った後のカットなのか、これから入るのか・・・
わからんじゃないかあ! Docchiなんだあ、いったい。まぎらわしい。
あ、ついつい、コーフンしてしまいました。まぎらわしい戦法であります。

bd10-9
とうとう、水の中に入りましたね。先回に引き続くDocchi戦法のようです。
10
bd10-10
いや、どっぷり水に浸かって、パーフェクトな透けカットを見せつけているようです。
クリックすれば・・・、あ、ちっちゃい。迫力ないなあ。
11
bd10-11
おやおや、ムキになって、リベンジですかア。
たいしたことは・・・ま、まあ、判断は皆さんにおまかせしましょう。
12
bd10-12
あれ?
選手はどこにいるんでしょうか。水から出たようですが・・・
どこ? どこなの?
13
bd10-13
あ、背景にウォーターが見えますから・・・サンデッキあたりですね」。
でも、そこには監視員がたくさんいるはず、で、す、が・・・
いない? なんで? なんで監視員が一人もいないの?
なに? 休憩時間?
14
bd10-14
1時間に1回、10分間の休憩時間になると、監視員はいなくなっちゃう?
どこいっちゃうの? スタップハウス?
なにい、けしからんじゃないですか。お客さんをほっといて。
あ、だから、選手は勝手ホーダイ、やりたいホーダイのカッコしてんだ。
なんということでありましょう。なんということでありましょう。
私たちの知らない間に、この野郎は、いや、この選手は、
10分間休憩時間戦法を好き勝手ホーダイにやっているのであります。
しか~~し、止める手だてはありません。ありません。
なんということでありましょうか。こんなことだけは頭が回転しちゃう。
誰も水に入っていない、きれいなウォーターを背景に堂々と撮っております。
あきれるほど、ワル知恵を、いやエロ知恵を働かせております。
なんちゅうやっちゃ、コイツは。
15
bd10-15
オ、また、すもうのソンキョです。
なにかやりますね。次の戦法を繰り出す模様です。
どうやら、ウェーブの出てくる方向を見つめております。ウ、ウェーブ。
これはおもしろくなってまいりました。さっそくカメラを切り替えます。
16
bd10-16
はい、カメラ切り替わりました。ズームイン。
カメラは、しっかり、ガッツリ、選手の濡れ透けきった股間をとらえております。
このままカメラは選手の股間を追い続けます。でもでも・・・
へたをすると、カメラマンもウェーブに巻き込まれる恐れがあります。命がけです。
17
bd10-17
ここからはハイビジョンカメラのワイド画面で、
ショーゲキの一瞬をガッツリととらえ、皆様にお届けしようと思います。
う、うしろから、ウェーブ、ウェーブが・・・迫っています。どうする、選手。 
18
bd10-18
選手は飲み込まれそうであります。
19
bd10-19
あ、胸まで、胸まで波しぶきが・・・・
20
bd10-20
ウワッ、横向きになって対決する模様です。
選手の股間はもう、濡れ濡れに透けきってギンギン・・・そのままイッちゃう?
21
bd10-21
いやいや、そんなやわではないようです、この野郎は。
オ、オ~~、ウェーブ。ウェーブアゲイン!
22
bd10-22
選手は感じているのでしょうか、勃ちきっております。
このアイテム、ブライトツーウェイGストリングは、
そのヌードカラーを最大の武器に、
選手のナニの生態を、いやらしいほどに、あからさまにさらけ出しております。
シースルー「のような透明感」なんてものじゃありません。
シースルー「そのものの透明感」であります。
これが武器でなくて、な~んでありましょうか。
ザ・ストロング・ヌード・ストリング、まさにこのネーミングはどんぴしゃり、なのであります。
オッ、オ~~。トリオ、トライ。なんというブルーウェーブ。
23
bd10-23
ゴングが鳴りました。対戦、終了です。もう終わっていいです。もういい。
透け過ぎの股間を見つめ過ぎて、ちょっと悪酔いさえしております。
わたくしが、悪酔いしてるっつうのに、原因を作りやがった、この野郎は、いや、失礼。
この選手はすっかり満足した様子で、上がりのシャワーを浴びております。
(てめー、この野郎! ウップ。気持ち悪う~~。)
24
bd10-24
もうDocchiでもいいから、透きにさせろ~~。(え?)
(ああっ、「好きにさせろ」って出すつもりが・・・)
(なんと、パソコンは「透き」を優先させやがった。)
(パソコンまでなんちゅうことを・・・エロウイルスに感染?)
このマラダチ、このおしゃべりなマラダチも、言葉がありません。
25
bd10-25
ブライトツーウェイGストリングおそるべし、であります。
ラストに極大ドアップを撮れ、だって~~
オレはもう知らん。勝手にやれ~~
それにしても、ザ・ストロング・ヌード・ストリング、おっとろし~~
オ~~ット、中継はマラダチ、バトルのマラダチ、でした。


この好き勝手やりたいホーダイの番組は・・・
新宿プリンがおおらかなココロで提供いたしました。


モッコリ大好き、すけすけ大好きのふぇち野郎をサポートする
Men's SHOP  新宿プリン

WELCOME to TANZA's WORLD
別荘  twitter  jognote blogram

FC2 Blog Ranking 

ブログパーツ

blogram投票ボタン

↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

ページトップ