筋トレスイマーTANZAのスポユニフェチな日々 2011年07月14日
    FC2ブログ
    ただいま体脂肪13% めざせバリバリ筋キン! ピチピチフェチでガントレいくぜ!
    今日も暑いぜ だから・・・朝は目覚めの亀頭シャワー ウッス!
    おっはよ。今日も朝からかんかん照り。
    とにかく、暑いぜ。
    でも、オレはこのガンガン日照りみたいな夏が好きだ!
    抜けるような青空を見ていると、それだけで一日中アドレナリン全開放出。
    アグレッシブを通り越して、暴走~~。朝帰り。
    で、とにかく、風呂でシャワーを浴びる。

    gs1-1
    夜の火遊びを反すうしながら・・・・ふぇちに。

    gs1-2
    見てるだけでクールなエメラルド入浴剤をたっぷり入れて、
    ガンガンに火照ったBodyをクールダウン。
    火照ったナニにもシャワーぶちまける。湯じゃねえぜ、水。みず。

    gs1-3
    ひんやり、ときどきムズくて、ピクッ。
    でも、まあ、汁のタンクはからっけつだから、ははは。

    gs1-4
    とあるスポットで、ごろっとなってたら、ガッチリガタイの野郎が寄ってきた。
    バスタオルの中に手を入れてきて、そのままケツマンもまさぐる。
    ちょいと脚をひろげてやると、即、スッと股間にカラダを滑り込ませてきて、
    あっという間にオレの腰を両手でガッチリホールド。オウッ、身動きできねえ。

    gs1-5
    膝立ちの姿勢でオレの下半身をグッと上に引き寄せ、
    そのままオレの両脚をすっと広げてケツマンにナニをあてがう。
    触ってみると、そっくりかえった太魔羅。
    ウッ、でっけえ。オ・イ・シ・ソ・ウ~~。
    でも、オイオイ、ナマはごめんだぜ。
    ガッチリ野郎はオレのボディをしっかり抱えたまま、ナニにゴムをぶせて、ローションをベトッ。素早い。
    で、あっという間にトライアゲイン、ググ~~っとインサート。
    手慣れた動き。オヌシやるな~。
    一気に根元までぶちこまれて、串刺し状態のオレ。

    gs1-6
    ゆっくり、腰を使いながら、オレのカラダをさらにぐっと、上に持ち上げ、引き寄せる。
    オレは、ガッチリ野郎に串刺しにされたまま、肩以外は逆立ち状態でホールドされちまった。
    オレは手だけをばたつかせる。
    脚はガッチリ野郎の腰にまきつけるか、首を締め上げるか、でも力ははいらねえ。
    だんだん、ケツの奥、芯がツンツン状態になって、思わず、アウッ。うなり始める始末。

    gs1-7
    床についてるのはオレの両肩と頭だけ。
    腰もガッチリ野郎の両手と太魔羅で3点固定。フォールじゃんか。
    ジンジン感じてきて、オレがうなり始めると、そいつはねとっとローションをオレの竿にたらしてきて・・・
    玉の根元をしっかりつかんだまま、竿の先をぎゅっとにぎってしごき始めた。
    た、たまんねえ。でも、もっと、もっと、そう、ゆっくりな。
    ガッチリ野郎は手でオレの竿をしごきながら、腰もゆっくり使い始めた。

    gs1-8
    オレは、どこで感じてんだか、魔羅のカリか、ケツマンの奥か・・・、
    わけもわからず、気がついたら、吠えながら、自分でモロ感の乳首をいじりまわしていた。

    gs1-9
    脚の指先だけ、ひくつかせながら、野郎の首に、ガタイにまきつき、
    ケツマンに力をいれてグッと野郎の太魔羅をしゃぶりあげる。
    うめえ!
    極上の味に、オレはギャラリーが何人いるのかもわらかず、部屋中に聞こえる声でほえまくっていた。
    こんなハレンチなオレを見てくれ~~って、マインドシャウト。
    まだいきたくねえな。ちょっとブレイク。
    10
    gs1-10
    夜の火遊びを反すうしながら、
    オールナイトで勃ちっぱなしだった魔羅をシャワーでほぐす。
    11
    gs1-11
    そのガッチリ野郎には、最初に油断したオレの完全なフォール負け。
    1時間くらいえんえんホールドされて、後半は我を忘れて吠えまくって、
    ケツでジンジン感じて、そいつの魔羅をギュー~~っとケツマンでしゃぶり込んだ瞬間、
    ついにたまらず、ドビュッ~~~。イッタ。
    12
    gs1-12
    ガッチリ野郎はその間、勃ちっぱなし。
    すんげー、ほれぼれするようなタチだ。
    おれは、ケツマンヒクつかせながら、完全に放心状態。ヨカッター~~。
    13
    gs1-13
    え、なに?
    終わったとたん、ずっと見ていた兄ちゃんがすぐ手を伸ばしてきてモーションかけてきた。
    けど、スマン、いくらなんでも、今はムリだ。悪いな。
    お引き取り願った。
    14
    gs1-14
    風呂へ行って軽く洗い、湯船につかる。まったり。
    そのまま、屋上にあがって、夜空をみながら、サンデッキで寝ていると・・・
    今度は茶髪らしい童顔ボーイが手を伸ばしてきた。
    さわってるだけでいいですから、って言いながら。
    ど~ぞ~。好きにさせる。
    15
    gs1-15
    半分麻痺状態のナニはムズムズ感じて半勃ち。
    その夜つけっぱなしだった3連装のメタルリング(いつものヤツだよ)をごちゃごちゃさわりながら、
    そのボーやは「こうやってさわるのが好きなんです、銭湯に行ってみてるだけでもいいんです、ボク」
    って言いながら、なんか、うっとりしてるみたい。
    ふ~ん、そうなのかあ。
    16
    gs1-16
    20~30分くらいだろうか。
    くちゃくちゃオレの竿をいじってた童顔ぼうやは、満足したのか「ありがとうございました」って闇に消えた。
    いろんなのがいるなあ。
    17
    gs1-17
    そのまま、熱帯夜でちっとも涼しくならないから、夜風にふかれながら、うとうとしていると、
    今度は、なんか、なよっとした痩せオトコが、ヘチャッと寄って来た。
    スマン、オレ、なよなよは苦手なんだよ。悪いな。
    18
    gs1-18
    他にも、まあ、ちょっとあって、何人相手したのか・・・
    モーションかけられるのは、ありがたいけどさあ、
    なっきのなよなよみたいにお呼びじゃないヤツもいるから、言いよられるばかりがいいわけじゃねえな。
    最初の(ホントは最初じゃないけど、へへ)ガッチリ野郎みたいに、バッチグーってのは、なかなか。
    19
    gs1-19
    そろそろ、夜が明けるかな。
    東の空がしらじらとしてきた。
    あー、最近夜遊びが過ぎるな~~。
    夜遊びしてても、今日もシゴトだもんなあ。
    20
    gs1-20
    ソロソロ帰るか。マンゾクしたしな。
    そんな、こんな、夜遊びのメモリーを反すうしながら、
    また、行こ、って懲りないオレなのだ。
    21
    gs1-21
    あ、テレビからまた、イノッチの声。
    いっけねえ。会社行く時間。
    寝てないけど、まあ、なんとかなるか。
    22
    gs1-22
    ヨシ、グランスシャワーも十分だ。
    鍛えてるのか、麻痺させてるのか、わかんないけど、
    朝の亀頭シャワーで、オレの朝は始まる。
    23
    gs1-23
    さあて、今日も明日も、当分オレの好きなあっつ~~~い夏が続く。
    元気出してイクゾ~~。ウッス。
    24
    gs1-24
    アドレナリン全開放出の日が続く。
    秋風が吹き始めたら、クタッとなるかな?
    それまでは、暴走~~。

    PS. オレの感覚としては、今日の画像はマッパだけど、
      モロだしのカテゴリーには入らない。
      あくまでもマイボディのカテゴリー。エレクトさせてないから。それに、
      日焼けラインがどうなってるのか、気になってるヤツが何人もいるみたいだしね。
      コレが妄想か、実録か、だって? さあ、どうだろ。
      全部妄想だったら、オレはゲイ小説のライターになれるかもな。

    気晴らしに
    別荘  twitter  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.
    別窓 | My Body | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | 筋トレスイマーTANZAのスポユニフェチな日々 |