筋トレスイマーTANZAのスポユニフェチな日々 SWIM
    FC2ブログ
    ただいま体脂肪13% めざせバリバリ筋キン! ピチピチフェチでガントレいくぜ!
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 |
    寒い冬のスイムアイテムもチェックチェック! むふふ〜〜
    寒い日が続いて、なんとなく動きが鈍くなっちゃう。
    でもでも、こんな寒い時こそカラダ動かさなきゃね。
    温水プールがいちばんかな。ってことで冬にオススメの水着を。
    バックショットから始めるなんて、オレとしては珍しいかも。

    sw1-1
    まずは、スクールチェックスケルトンハーフバック水着(136A-G)
    カラーはブルー、といってもかなりシックだね。飽きがこないカラーリング。
    2〜3
    sw1-2 sw1-3
    スケスケタイプじゃないから、かえって安心してロングスイムできると思う。
    チェックパターンがほどほどカーブしちゃって、それとなくもっこりがわかっちゃう。
    これ、いいカモ。(^0^)v 
    4〜6
    sw1-4 sw1-5 sw1-6
    でもでも、濡れたらどうなるか・・・やってみないとわかんない。
    これも楽しみ〜〜です。

    sw1-7
    バックはノーマルなハーフバック。スイム初心者にぴったりです。

    ほんじゃ、お次。これが今日のメインだよ。はきたくて、はきたくて。uzuz〜〜

    sw1-8
    パワーネットスケルトンリオバック水着(137A-P)カラーはシルバーブラック

    sw1-9
    ブラックなんだけど、シルバーメッシュだからよけいににぶぴかり
    10
    sw1-10
    フロントのポーチ部分にも内布は、な〜〜い。まる見えっすよ。
    こんなサムネイルでもわかっちゃう。アブナいな。
    11
    sw1-11
    竿・玉・カリもくっきりはっきりだから、そこそこ自信があれば、はけるかな?
    (どこのプールではけるかは、各自がんばって調べようね)
    12
    sw1-12
    バックスタイルはこのとおり、えぐれたリオバック。ついついぱしゃぱしゃと(笑)。
    13〜15
    sw1-13 sw1-14 sw1-15
    真後ろからとれば、このとおりのV字カット。
    あらら。ほどほど双丘のわれめも透けちゃったね。
    16
    sw1-20
    プールに入ったら、相当に水の流れが気持ちいいと思うよ。あはん。
    17〜19
    sw1-16 sw1-17 sw1-18
    外で撮りたいのはやまやまだけど、なにせ寒いからね。やめときます。
    20〜21
    sw1-19 sw1-21
    名前のとおり、かなりきついパワーネット素材で股間をガッツリホールドしてくれる。
    このタイト感もたまらないっすよ。
    (でもね、不思議なことにこれはプールにはいっちゃうと感じなくなる。お試しあれ)
    22
    sw1-22
    ラスト、真正面からネットのアップ画面をガン見〜〜。
    だんだん欲しくなる〜、だんだん欲しくなくル〜〜ね?
    23
    sw1-23

    □TODAY's Fitting Item
    スクールチェックスケルトンハーフバック水着(136A-G)カラー:ブルー 
    パワーネットスケルトンリオバック水着(137A-P)カラー:シルバーブラック

    冬でもスイムアイテム探すなら  新宿プリン


    WELCOME to TANZA's WORLD

    TANZAのつぶやき → twitter
     きまぐれにあれこれと、だれとでも。
     G組合員大歓迎。精意!のリプライで。
     フォローしてくれよなー。フォロワーさん100オーバーは即、相互でヨロッ!。
     ただしだよ、ツイートゼロのたまごっちとアニマルアイコンは承認しない。

    別荘  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:0 | トラックバック:0 |
    ビーチも今年はこれがラストかな? 透け透けタイガーでしめくくり〜〜
    前回の続きだよん。
    ブルーメッシュとネオンカラーの水着はしっかり見られていたらしいけど、
    なぜか、これは見られてなかったらしい。ふっしぎー
    実は、ブルーとネオンの間に撮ったカットだから。

    mb2-1
    要するに、あいつは(会社の同僚と)、2度オレを偵察に来たことになる。
    よほどオレのことが気になったのかなあ。
    それにしても、オレはマズッタ。アイツの顔が見たかった〜。

    mb2-2
    モニターのお仕事に戻ろう。
    とらとらとらー、みたいにボディが模様になってうきあがるふぇちーな水着
    タイガーレーススケルトンリオバック水着
    水着なんだぞオ、これが。

    mb2-3
    こんなマジ透けなのに、内布なしだから、股間さらしまくりになってしまう。
    何度はいても、、、度胸がいるね。

    mb2-4
    デザイナーはなーにを考えたんだろうって、ついつい思ってしまうけど・・・
    でも、オレはウキウキとはいてしまうっ!!
    DO-DA!の感覚。

    mb2-5
    残念だったね、これが見れなかったなんて。
    そんなもの見たくもない?スンマセン。


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    夏休みが終わって、すっかり静かになったある日、
    天気があんまりいいから、またまた出かけてしまった。
    わっほー。し〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

    mb2-6
    ほとんど人がいにゃい。
    やりほーだい、撮りほーだい、なんで、いきなりこのカッコから。

    mb1-8
    ギリギリデニムローライズ(110A-O)のアンダーにセカンドスキンリングTバック(105A-K)

    mb1-9
    けっこうこういうコンビネーションが好きなんだよね。
    アンダーを見え見えにして(でも、ダーレも見ていない。ちょっと残念)。

    mb1-10
    誰も見てないから、あごと口も入れて。
    最近ちょっとこんなカットが増えてきたなあ。
    10
    mb1-11
    白いサンドビーチに降りて、サクサクと撮る。
    11
    mb2-12
    リングTバックはフロントにもリング。わかるかなー。
    12
    mb2-13
    チョイ寄りでバックショットをアゲイン(撮りやすくて、きりがない)。
    13
    mb2-14
    陽射しが強くて暑いから、ちょっとブレイク。京都・辻利のお茶。
    14
    mb2-15
    ついでにカオフェオレも。
    15
    mb2-16
    ほてったここもちょいと冷やして。あはっ、悪のり〜でしたっ。
    16
    mb2-17
    撮影をブレイクして、一休み。
    17
    mb2-18
    このあたりは、かなり画像を間引いてます(出せないから)。
    18
    mb2-19
    眠くなってきた。寝ちゃいそう。zzZZZ~~~
    おっとマズい。起きよ。
    19
    mb2-20
    だめ、起きたくない。もうちょっと、まったりと(完全に神経ゆるゆる)。
    20
    mb2-21
    せっかくオレの1人舞台できるんだから、りんぐTのカッコで撮っておこう。
    ケツ、かいほー。まだまだこち(東風)気持ちよーしだね。
    21
    mb2-22
    フロントショットも。リングがぴかり、むふっ。
    これが、撮るカイカ〜ン、なんだよね。
    22
    mb2-23
    さすがに暮れるのが早くなって、すぐに陽が弱くなっちゃう。
    23
    mb2-24
    今日はこれで切り上げ。
    ビーチ独り占めで気持ちヨカッタです。だからやめらんない。
    24
    mb2-25


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    またまた、凝りもせず・・・行きたくなって・・・駅。
    マイクロメッシュナス型Tバック(97A-B)にジャンクのカモフラぼろショート。
    25
    mb2-26
    で、着きました。誰もいない。またまたやりほーだい。
    26
    mb2-27
    ちょっとモノクロにしてみた。
    27
    mb2-28
    今日撮りたかったのは、これ。ホワイトだけじゃもの足りないからね。
    タイガーレーススケルトンハーフバック水着(106A-U)のブラック。
    28
    mb2-29
    オレは勝手にブラックタイガーってよんでるけど。
    なぜか、ブラックはぐぐっとくるんだよね。
    29
    mb2-30
    だんだん、カモフラをずり下げて・・・むふふ。まる見え。
    30
    mb2-31
    あっぷー。
    ホントはこのブラックタイガーをアイツに見てほしかったなあ。
    そしたら、その場でオレはアイツをゲットできたかも・・・ないか、あはは。
    31
    mb2-35
    あとはイケイケドンドンで、パシャパシャと。
    透けまくりのブラックタイガーの底力、魅せましょう。
    32
    mb2-33
    水着の中まで風が通りまくって,ほのかに秋風〜〜
    33
    mb2-34
    おっしゃ、これがビーチのキメカット。
    ヤンキーっぽいかな、オレって。ある野郎にちょこっと見せたらそういわれた。
    34
    mb2-32
    おーし、撮影完了。夏モードもこれで完全におしまい。
    35
    mb2-7
    で、帰りはこんなジャンクのぼろぼろジーンズ。
    でも、無事に帰り着いたよ,何事もなくね。
    35
    mb2-36
    今年もビーチ、楽しみましたー。まーたなー。
    □TODAY's Fitting Item
    タイガーレーススケルトンリオバック水着(106A-V)カラー:ホワイト
    ギリギリデニムローライズ(110A-O)
    セカンドスキンリングTバック(105A-K)カラー:サックス 
    マイクロメッシュナス型Tバック(97A-B)カラー:パープル 
    タイガーレーススケルトンハーフバック水着(106A-U)カラー:ブラック


    ソソル水着はオールシーズン  新宿プリン

    WELCOME to TANZA's WORLD

    TANZAのつぶやき → twitter
     きまぐれにあれこれと、だれとでも。
     G組合員大歓迎。精意!のリプライで。
     フォローしてくれよなー。フォロワーさん100オーバーは即、相互でヨロッ!。
     ただしだよ、ツイートゼロのたまごっちとアニマルアイコンは承認しない。

    別荘  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:0 | トラックバック:0 |
    げげっ!よりによって気になるアイツにガン見されてたって? ビーチで着せ替え
    アップがずいぶん遅くなっちゃったけど、そろそろ片付けないと・・・
    もうすぐ夏が終わろうっという時に撮ったビーチでのカット。たっぷりある。

    mb1-1

    と思っているところへ、メル友がとんでもないことを教えてくれた。
    オレとしては驚愕!としか言いようがない。
    なにがって?それはおいおい。

    8月の最後の日曜日、ちょうど休みでピーカン。
    オレはうきうきとビーチへ。
    (アップが遅くなったのは、後で撮ったものを先にあっぷしちゃったから。それだけ)

    mb1-2
    最初はこんな白のTバックの水着!(そう、水着なのだ)で撮り始めた。
    ホワイトTバック水着(85A-I)
    フロントもバックも左右にリング留めがアクセントにぴかり
    3〜4
    mb1-3 mb1-25

    で、ここからオレのとっかえひっかえの着せ替え撮影がバンバン始まる。
    まあ、いつものことだけど。
    お次が久しぶりのブルーメッシュ。うふっ。ビーチではくに限るぜこれは。

    mb1-4
    パワーネットスケルトンリオバック水着(119A-I)
    なんといっても、オールスルーのメッシュ

    mb1-5
    それもタイトなパワーメッシュできっちきち(しっかりガン見しろよ)。

    mb1-6
    はいてるだけでムラムラ〜〜の状態で、ハイテンションの日焼けタイム。
    たまんね。メッシュの中まで焼けちゃう。

    mb1-7
    おっと、ブログモニターのお仕事しなくっちゃ。
    ほどほどの甘さのカットで。見えすぎはアテンション(といっても、もう遅いな)。

    mb1-9
    と、言いつつ、バシッと決めまっせ。
    パワーネットスケルトンの迫力どーだー。ブルーがナイスだね。
    10
    mb1-8


    オレの後ろでは、ビーチバレー。ちょっと気になるなコイツ。
    ボックスタイプの水着が白だったら百パーナイスだぜ。
    ちょこっとブレイク
    mb1-27


    と、地元の学生サークルらしいビーチバレーを眺めながら、
    お次のTバックにはきかえてっと。
    11
    mb1−10
    セカンドスキンリングTバック(105A-K)
    水着じゃないけど、これも左右のリングがアクセントになってビーチにぴったりなんだよな。
    12
    mb1-11
    これもTバック。こっちは水着だよん。
    13
    mb1-13
    ストレッチデニムGストリング水着(99A-S)
    14
    mb1-14
    しっかりした縫製でナニがこぼれない。
    15
    mb1-15
    ストレッチデニムでがっつりホールド。
    16
    mb1-16
    デニム好きで、ギリギリ感を楽しみたい野郎にはナイスだと思うぜ。
    17
    mb1-17


    8月最後の日曜日で、サンドビーチはこんな感じ。
    左手奥の芝生は、日光浴&バーベキュー広場になっている。
    またまたブレイク
    mb1-12


    あ、大事なことを忘れてた。何が驚愕かってこと。
    以前からある野郎のことを風のたよりに聞いていて(とあるメル友から)、
    なんともそいつが気になってしょうがなかった。スポーツマンでイケメンらしい。ウウッ。
    18
    mb1-18
    でもこっちからは探しようもないし、、、と思っていたら、なんとなんと、
    どうもこの日、オレがとっかえひっかえで水着を着替えて撮りまくっているところを見ていたらしい!
    ひええ〜〜〜。そんなことってある?
    さっきのブルーメッシュもそうだし、この派手なネオンカラーのスケルトンも。
    19
    mb1-21
    ルシードスケルトンリオバック水着(101A-B)
    20
    mb1-22
    こんなカッコで撮りまくってるオレを見ていて、
    最初は[恥ずかしくないのかなあ」と思ったらしい。
    オレは・・・撮り始めちゃったら、そんなのカンケーねーの世界に没入。
    21
    mb1-23
    ピーカンの青空の真夏の陽射しで、どんどんコゲコゲになりながら、撮りまくる。
    そんなオレの着せ替えを見ていたらしい。どこで見てたのかなあ。
    たまたまちらっと見たのなら、オレなんか「変なヤツ」で終わってるんだろうけど・・・
    22
    mb1-19
    どうやら、オレが次々着せ替えしてるのを注目していたらしい。
    ひょっとしてオレのことが気になったのかな?それならちょっとうれしいけどね。
    このスケルトンだってガン見したら透けてる!ってギクッのアイテムだから。
    気になってるヤツに見られてたなんて思い出したら、よけいにたまんね。
    23
    mb1-20


    ここはセーリングのメッカ。かなり遠くからも来てるみたい。
    気持ちを落ち着かせてブレイク
    mb1-26


    少し日が傾いてきた。西日をバックに撮り始める。
    またまたはきかえて。今度は何かって?オレの一番好きなアイテム。
    24
    mb1-24
    メタリックゼブラ&メッシュスルーもっこりリオバック(93A-J)
    シルバーのギラギラとブルーのコンビネーションもナイスだけど、ビルパンカット!
    (ボディビルダーがコンテストではくハイレグカットのポージングパンツ)がたまんねえ。
    だから、バンバン撮っちゃう。似たようなカットだけど、捨てられない。
    んで、オレが言うのもなんだけど、決まるんだよなあこれが(ナルだから許して〜)。
    25〜28
    mb1-29 mb1-30 mb1-31 mb1-32
    おっ、逆光ショットでこんなカットが撮れた。モザもぼかしも不要。
    29
    mb1-33
    場所を変えよう。オレの好きな岩の上。
    天は我に味方した〜〜〜ってな紺碧の空でオレはゴキゲンっすよ。
    30
    mb1-34
    アイツがここまで見てたのかどうか・・・。
    このあたりがオレの見せ場。見ててほしかったなあ。
    31
    mb1-35
    聞くところによると、
    その野郎は有名なファッション雑誌のモデルもやれるくらいのイケメンらしい。
    そんなヤツがオレのことを「イカス!」なーんて言ってたとか言わないとか。
    そんなことを聞かされちゃったら、とりあえずオレはでれでれ〜。それほどでもー。
    32
    mb1-36
    ホントかどうか??あやしい。
    でも、自分がこんなエロ水着が似合うかどうか考え始めたらしいから、チャーンス!
    はいてみろよ、って言いたいなオレは。
    オレも好きなアイテムで撮りまくってると、ほとんど失敗なしでバンバン撮れる。
    モニター回数も一番多いかもね。好きこそナントカだぜ。
    33
    mb1-38
    あ、ビルパンカットをはいてるから、ついでにビルダーのことを。
    オレの好きなビルダーはちょっと古いけどフランク・ゼーン。
    ビルダーとしては軽量級だけど、ナチュラルなボディはナイスだった。
    シュワちゃん以降はひたすらバルク一辺倒のモンスターマッチョが全盛になったけど、
    オレはそんなのがいいとは全然思わない。膨らみすぎたバルーンはいつか必ずしぼむ。
    34
    mb1-37
    だから、フランクゼーンみたいな絞りきったきめの細かいタイプにあこがれる。
    オレは決してビルダーを目指してるわけじゃない。
    ただ絞ったナチュラルボディになりたい、それだけ。
    そんなボディめざして、そして見せて恥ずかしくないように、ちょっとずつトレをやってる。
    見せるカイカンを感じながら、ひたすらゴーイン(強引)マイウェイ、だぜ。
    ヨロシクッ
    35
    mb1-39
    あー気持ちヨカッタ。
    実はこれ以外にタイガーレーススケルトン水着とか、
    ギリギリデニムローライズも撮ったんだけど、これは次回に(続く)。

    □TODAY's Fitting Item
    ホワイトTバック水着(85A-I)カラー:ホワイト
    パワーネットスケルトンリオバック水着(119A-I)カラー:ターコイズブルー 
    セカンドスキンリングTバック(105A-K)カラー:サックス 
    ストレッチデニムGストリング水着(99A-S)カラー:ネイビー 
    ルシードスケルトンリオバック水着(101A-B)カー:ネオングリーン
    メタリックゼブラ&メッシュスルーもっこりリオバック(93A-J)カラー:ライトブルー

    秋から冬へのインナーモードは  新宿プリン

    ではでは(ちょこっとオマケあるよ、にやっ)。


    ■BLOG末尾必ず挿入(シンプル新バージョン)
    WELCOME to TANZA's WORLD

    TANZAのつぶやき → twitter
     きまぐれにあれこれと、だれとでも。
     G組合員大歓迎。精意!のリプライで。
     フォローしてくれよなー。フォロワーさん100オーバーは即、相互でヨロッ!。
     ただしだよ、ツイートゼロのたまごっちとアニマルアイコンは承認しない。

    別荘  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.
    げげっ!よりによって気になるアイツにガン見されてたって? ビーチで着せ替え…の続きを読む
    別窓 | SWIM | コメント:4 | トラックバック:0 |
    シルバーメタリック水着でリオにホワイトアウト! ウッ!
    10月になって、秋風が吹くっつうのに、水着でねばるオレ。

    ww1-14
    裸族にちかい? そのもの?
    まあ、好きなんだからしょうがないじゃんか。
    今日はシルバーメタリックリオバック水着(84A-S)。
    ナイスなアイテムの紹介が遅くなっちゃった。
    もっと早くはけばヨカッタな~~。

    ww1-1
    う~~ん。今日はバックのホワイトアウトがカンペキ。
    こんなにきれいに、まっしろしろすけにアウトできると、ナイス!
    なんか、スタジオで撮ってるみたい。
    シルバーメタリックがジリジリって《にぶびかり》。
    ローライズだから、よけいに目線は・・・こぼれそうなナニに・・・ウッ。
    左右両脇のゴールドリングがピカッ、ついつい目が・・・いっちゃう。

    ww1-2
    透けてないのに、イケテルこの感じ。なんだろ。
    シルバーホワイトな王子の気分?
    自分で王子だなんて・・・マッチョめざすナルふぇちだから許して~~

    ww1-3
    グイッと伸ばしても、よく伸びるしっかりした生地。
    さわった感じはなんか、シリコンみたいな、ラバーみたいな・・・
    つやっぽいしっとり生地なんだなあ。
    それに、すんごい弾力がある。ぷにゅって感じ。

    ww1-4
    ゴムふぇち野郎は、お試しの価値あり、かもね。

    ww1-5
    伸びの感じを、こんなサイドカットで。

    ww1-6
    バックショット。
    オレのボディとこのシルバーメタリックなぴっちり水着は、
    ガラス越しの柔らかい光にくるまれて、からめとられて・・・
    光と遊ぶって感じで、珍しく一発成功。
    われながら、リオバックがそこそこカッコついた。ヨカッタ~。

    ww1-7
    外光が、うま~くフロントまでまわりこんで、
    こんなカットがほとんど失敗なしてバンバン撮れたどー。

    ww1-8
    グイッと腰入れて。

    ww1-9
    もう一度バックショット。
    バックにも両脇にゴールドリング。
    10
    ww1-11
    アゲイン。
    バックショット、決めマッス。
    ヨーシ。室内撮りオッケー。でもでも・・・
    11
    ww1-10
    スケスケタイプの水着じゃないけど、水着なんだからさあ、
    やっぱり、水のあるところで撮りたいな。
    12
    ww1-12
    っつうことで、水のあるところへ来ましたッ。
    ロケハンしてて見つけたスポット。悪くないだろ?
    まだ冷たくない。かな?
    13
    ww1-13
    どうだろ。 オッ、ダイジョーブ。
    14
    ww1-14
    風は冷たくないから、ついつい、脱ぎたくなるけど・・・
    15
    ww1-15
    まあ、ちょっとだけ、濡らしたら・・・・、どーかなー?
    やっぱり新宿プリンさんの扱う水着だけあって、濡れスケ~~になっちゃう。
    16
    ww1-16
    ほらほら、
    17
    ww1-17
    ほら~~。フォルムクッキリっすよ。
    あー、見せたがりのオレは、結局こうなっちゃうんだよなあ。
    18
    ww1-18
    陽射したっぷりだから、結局マッスルタンク脱いじゃいました~~
    19
    ww1-19
    とまあ、水着だから、こんな感じになるけど、
    インナーとしてもイケテル。
    グイッとやれば、たちまちジェットコースターライン。
    シルバーメタリックなシリコンタッチの乱反射って、
    こんなふっしぎ~~な《にぶびかり》のモノトーンラメになる。
    20
    ww1-20
    この夏、ナンダカンダって水着やGストやTバックばっかりで野外うろついてたら、
    ここだけは、シッカリンチョに焼けて・・・
    21
    ww1-21
    このシルバーメタリックリオバック水着は日焼けラインにピッタリンコ。
    22
    ww1-22
    自画撮りしながら、ついついナルに気分良くなっちゃって。
    たまんね。
    23
    ww1-23
    やっぱ、シルバーメタリックにひかるオフホワイトは、
    こんがり野郎にうってつけだと思うぜ。
    24
    ww1-24
    そろそろ脱ぎたくなってきた。
    日焼けラインをあからさまに見せつけながら・・・
    25
    ww1-25
    透けないけど、こんなカットで今日はおひらき~~
    26
    ww1-26
    シルバーメタリックリオバック水着(84A-S)。
    寒くならないうちに、レッツトライ。


    ふぇちなスイムウェアいっぱいのSHOP  新宿プリン


    WELCOME to TANZA's WORLD
    別荘  twitter  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:2 | トラックバック:0 |
    夏よさらば! ブルースカイにバワーネットスケルトン ブルーはいいぜ~
    あれだけ大雨を降らせた台風がいっちゃったら、久しぶりの快晴!
    ブルースカイが恋しい~~~!
    まだ、ちょっとは、夏のなごりが・・・
    と思うと、う~~ん、うずうず。シゴトほっといて海に行きたい。
    脱ぎた~~い。撮りた~~~い。ガマンできねー。行っちゃお。

    bp1-1
    で、思いついたところに来ましたっ。シゴトの会議ほったらかして。
    オレはチャラい野郎だから、あとはよろしく~~って。たまにはいいよ。
    撮りたいアイテムがあったから。

    bp1-2
    今日のメインはパワーネットスケルトンリオバック水着のニューカラー。
    ターコイズブルー(119A-I)。この空にバッチリマッチだね。

    bp1-3
    このブルースカイを逃す手はないぜ。
    でも、いきなり水着ってのもなんだから、あわせ技でブラックタンクも。

    bp1-4
    さっさと脱ぎたいな。

    bp1-5
    脱いじゃおか。

    bp1-6
    いや、チョイ待ち。
    説明なしに脱いじゃったら、あとこのタンクの出番はない。これはマズいからチョットだけ。
    極薄のび~るシルキーブライト マッスルタンクトップ(109A-H)。
    ぺなぺなでよく伸びるから、ボディにぴっちりフィット。
    しかもテカテカに光って、これが白だったらけっこう透けるかもね。

    bp1-7
    バックは肩のえぐれたグレコスタイル。肩幅強調のマッチョ自慢にいいぜ。
    特にブラックは、着るだけで締まった感じの逆三野郎なっちゃう。べんり~~なアイテム。
    まあ、ガタイがそこそこ良けりゃ、の条件付きだけど。

    bp1-8
    せっかくだから、水際でタンク着たままでカシャッ。

    bp1-9
    グレコスタイルのバックショットもカシャッ。
    よし。ほんじゃあ、対岸に行こうかな。
    10
    bp1-10
    せっかくだから、ブリッジでもバックスタイルをカシャッ。
    11
    bp1-11
    寄り道して、風車を入れてカシャッ。
    こんなカッコでほっつき歩くオレって、ツミツクリ?
    12
    bp1-12
    砂浜に着いたっ。
    ここははっきりいって人工的なビーチ。
    13
    bp1-13
    今日は風もないし、波もなくて静か。
    もうシーズン終わっちゃって、水に入るとすぐにスピーカーで「入るな」ってウルサイ。
    でも、まあ、ビーチサイドで遊ぶくらいはいいだろ。脱ご。
    14
    bp1-14
    とーかいの小島の磯の白砂に、ってあったな。
    われ泣き濡れないけど、砂とたわむる(ここ、カニがいなかったから)。
    オレの脳みそはこの程度ッス。
    15
    bp1-15
    ロングショットばっかりじゃあねえ。
    アップでパワーネットスケルトンの威力を。あ、もう知ってるか。
    16
    bp1-16
    ぜ~~んぶネット。網、あみ、粗~~いネット。
    内側の当て布もな~~し。だからストレートにスケスケ
    17
    bp1-17
    バックもいっしょ。デカケツでスンマセン。
    18
    bp1-18
    お口直しに、まともなフロントショットを。こうなっちゃう。
    二子玉&竿セットがターコイズブルーに透け染まりま~~す。
    19
    bp1-19
    さっきから、短髪を茶色に染めた兄ちゃんがじろじろ見てる。
    アイコンタクト? ノーサンキュー。
    茶髪モンキーは無視して、真夏とはちょっと違う涼やかウインドを楽しむ。
    20
    bp1-20
    これからは、こんなぐるんぐるんの風車が増えるんだろうな。
    こういう「すくっ」としたカット、オレは好きだ。
    ついつい「勃」の字をイメージしちゃうから。アッハッハ。
    21
    bp1-21
    最初にいた対岸をバックにカシャッ。
    けっこうこのアングルもサマになるなあ、ウン。
    22
    bp1-22
    陽射しもやっぱり、真夏とはちょい違って、ジリジリとはもう来ない。
    でもでも、抜けるようなブルースカイを
    同じターコイズブルーのパワーネットスケルトンで受けて・・・
    気持ちいい~~~~。休みとってヨカッタ(会議はどうなった~~~かな)。
    23
    bp1-23
    そろそろ締めにいこうか。
    入っちゃいけない(ことになってる)岩場に柵を乗り越えて入っちゃって。
    太陽を背に受けて、逆光ワルぶりカット。
    海もきらきら波が反射して、ウン、カイカ~~ン。
    こういうの、オレは好き。
    24
    bp1-24
    さあて、半日遊んだから、帰ってプール行こ。泳ぐぞ。
    25
    bp1-25





    で、帰ってきてさっさとプールへ行って、
    1時間半チョイ、軽~く3200m泳ぎましたっ。
    何はいたかって?
    コレ。フラッシュなしだったからちょっとブレた。
    26
    bp1-26
    リトライ。フルボディで。
    水着エンボスクロコハーフバック水着(115A-L)のパステルブルー。
    27
    bp1-27
    でも、ち~んまりがチョロ透けるってのはなあ・・・って思ったから、
    インナーにパープルのメッシュグリッターナス型Tバック(115A-H)を。
    28
    bp1-28
    ついでにバックショットも。
    さすがに3000mオーバー泳ぐと肩がパンパンッスよ。
    29
    bp1-29
    スケルトンにしてもエンボスクロコにしても、
    こうやって楽しむのもいいんじゃな~~い?。

    え?
    しばらくおとなしくしていると言ったオレは、いったいどこ行った????
    やめられな~~い、とまらな~~い。
    トレーニングに没頭しながら、あいかわらず自画撮りに狂っちゃうオレなのだ。
    (この性格はちっとやそっとじゃ、変えようがないみたい。あっはっは~~)


    スケルトン水着をチョイスするなら  SHOP:新宿プリン


    WELCOME to TANZA's WORLD
    別荘  twitter  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:1 | トラックバック:0 |
    いよいよ最終第12戦 とどめのルシードスケルトン水着 これがホントの実力だ
    このところいつも、マラダチ、でございます。
    いよいよこの、真夏の決戦シリーズ、
    BEACH(?)de えんえん繰り広げられた対決も最終、第12戦となりました。
    11戦とダブルヘッダーですので、先回と同じく、
    ルシードスケルトンリオバック水着(101A-B)のネオングリーン、でございます。
    選手はほんと、このシリーズのアイテムが好きですねえ。

    bd12-1
    なにせ1年前から取り上げておりますからね、研究が深いのであります。
    くたくたになるまで穿いて、穿いて、穿きつぶして、
    穿くたびに透けとおるオノレの竿の姿に恍惚となりながら、
    思わず、その竿をしごかずにはいられなくなったこの選手、
    雄汁をいくどほとばしらせたことでありましょうか。

    bd12-2
    それだけに、アイテムを知り尽くしております。
    その実力を股間で感じ、体に覚え込ませています。
    今お伝えしております、最終戦の映像がまさにそのことを見事にとらえております。
    完全に、はりつくように、弩張しております。
    さすがのわたくしも、このことは素直に脱帽、であります。
    好きこそなんとか、でありますね。

    bd12-3
    さて、本日最終戦、直穿き対決ということで、もうこれは、ガチンコですよね。
    オオッと。さっすが最終戦。のっけから、はんぱじゃございません。
    なんというスタートカット。
    スタートカットは必ずゲイエログさんの画像枠に搭載されるんですよ。
    それもふまえて、これですか。選手もリキ入っています。まさにガチンコ。
    オヤ? さっそく水、ですか。もう股間を濡らしております。
    濡れの実力をみせつけようということでしょうか。なるほど、すんごい。
    アットーされそうであります。

    bd12-4
    その水濡れの様子をサイドカメラから覗き込みますと・・・
    な、なんと、プールサイドのサンデッキから、まる見えであります。
    なんというふてぶてしい態度。
    見たけりゃ見ろってんだ、という態度であります。

    bd12-5
    おや、サンデッキに立ったようです。あ、10分間休憩タイム戦法ですね。
    これは、まずいことになりました。誰も止めることはできません。
    監視員はお客をほったらかしで、スタップハウスに一目散、であります。
    うしろを振り向く監視員は誰一人としていません。
    選手はそのことをよ~~く知っております。

    bd12-6
    やりたいほーだいになってしまいます。
    や、やっぱり。恐れ多くも、監視員の玉座をないがしろにしています。
    股間の竿・玉・たま・カリ、の透けモッコリカルテットを見せつけています。
    これぞ、水に入っていなくても、透けまくるルシードスケルトンの実力、であります。
    あな、おっとろし。

    bd12-7
    ただいま、カメラは選手の股間をズームでとらえております。
    背景に広がる水面には誰一人としていません。これぞ静なる水面。
    それを選手は独り占めしています。

    bd12-8
    これは、快感、でありましょう。
    たしかに、選手は恍惚となっております。
    わたくしにもわかりますよ、そんくらい。

    bd12-9
    あ、カメラがいきなりハイビジョンサイズに切り替わりました。
    なるほど、ブルーの水面がみごとです。これをとらえたかったのですね、選手は。
    このビッグサンデー(マジで撮影は日曜日でありました)に、
    たった10分間の隙き間を見つけてこんなカットを撮りやがるなんて・・・
    なんという野郎でありましょうか。
    野放しはアブナいですよ、この野郎、いや選手は。
    10
    bd12-10
    オオッ。とうとうフルボディを見せつけています。
    これぞ、選手が撮りたくて撮りたくて、
    チャンスをうかがっていたカットなのであります。
    日曜日に来場したお客さんはすべて、すべて、この10分間だけは、
    この選手のオーディエンスとなっているのであります。
    股間をかぎりなく、透けモッコリにしているのに、監視員はいっさい手出しできません。
    水中ではありませんから。サンデッキでの自画撮り撮影は自由、であります。
    11
    bd12-11
    おやおや、オーディエンスに股間を向けました。
    休憩が終わったらヤルゾ、の意思表示なのでしょう。なにやるんでしょうね。
    なに?わからない? シナリオに書いてないの?
    それじゃマジで生中継になっちゃうじゃんか。ナニしゃべるの。大変だ~~
    あ、後半戦スタートのようです。
    後半戦はハイビジョンサイズでお届けする模様です。
    このまま、長回しで最後まで、怒濤のノンストップです。
    12
    bd12-12
    ついに始まりました。最終戦を飾るにふさわしい、ウェーブ対決のようです。
    たしかにルシードスケルトンリオバック水着の実力は、
    濡れてこそ発揮されるものであります。
    選手はそのことをよ~~く知っております。
    ウェーブが、白い泡となって選手を襲っております。
    13
    bd12-15
    もう、まったく下半身は波の中。
    どのように戦っているのでありましょうか。
    14
    bd12-16
    一瞬その様子をカメラがとらえました。選手の股間は毅然として戦っております。
    ふつう水をかぶると、冷えてへなへなとなってしまうものでありますが、
    いやいや、雄々しい、その一言であります。
    しかし最後までこのカチンコチンの姿を保てるのでしょうか。
    15
    bd12-13
    あ、またちょっとだけ、さきっちょをカメラがとらえました。
    カリを広げて健闘しております。いささかも萎縮しておりません。
    元気であります。元気で何より。ヤッホー(わたくしとしたことが・・・)。
    16
    bd12-14
    いったん引いたウェーブが、また背後から襲ってくるようです。
    選手はひるみません。ガッツリ受け止める模様です。
    なんという真正面からの画像なのでしょうか。
    ルシードスケルトンの実力は遺憾なく発揮されております。
    17
    bd12-24
    ウェーブがまたやってきました。今度もサイドから受け止めるようです。
    なんという竿のソリ返り。あらわです。
    水着を着用しているのに、ここまであらわなんて・・・
    なんということでありましょうか。
    18
    bd12-18
    また、ウェーブがひきました。
    ひくたびに選手の股間はぬれそぼったまま、あらわであります。
    これが実力、これぞ実力。だから穿きたくなっちゃうんですよね。
    19
    bd12-19
    またまた、襲ってきます。
    おっと、あぶない。倒れそうです。
    選手も疲れてきたか。いや、まだまだ、だそうです。
    20
    bd12-22
    大丈夫。しっかり受け止めました。動じる気配はありません。
    もう少しです。おそらく、間もなくクライマックスが訪れることでしょう。
    わたくしは確信しております。本当の実力が目の前にあからさまとなるはずです。
    それが見たくて、この中継をかって出たんだから。
    21
    bd12-23
    じっと見守りましょう。これが最後か。
    22
    bd12-20
    いや、受け止めました。
    23
    bd12-21
    オオッ、どうやら決着の時が来たようです
    。画像のサイズがはんぱじゃありません。
    なんと、ビッグサイズ!
    24
    bd12-25
    おお~~~~、これは。ウェーブを受けた、その瞬間をとらえました。
    なんという実力。竿も玉も、カリも、あからさまであります。
    こんな映像おおくりしていいものでありましょうか。
    それも、ハイビジョン画面のチョービッグサイズ。
    今晩、たとえ悪夢にうなされても、わたくしは知りませんからね。
    クリックしてみちゃったのは、あなた、あなたなのですからね。
    25
    bd12-26
    文句なしの決着と言ってよいでありましょう。
    ルシードスケルトンの実力はみごとにガッツリと、
    画像に「確保』されました。
    おそらく、これは伝説となることでありましょう。
    選手はもう勝ち誇ったようにシャワーを浴びております。
    ここでも、実力は出ております。このバックショットも、
    26
    bd12-27
    フロントショットもなんというカット・・・
    濡れ濡れ透け透けモッコリであります。
    27
    bd12-28
    最後の映像となるのでありましょうか。アップでお送りします。
    28
    bd12-29
    いや、まだあるようです。
    29
    bd12-30
    おやおや、ギャラリーにのぞかれているようですね。
    選手は別に見せつけている訳ではないのですが・・・
    見たけりゃ見ろよ、のスタンスのようであります。
    じゃ、しょうがありませんよね。見たい野郎が見てるんだから。
    30
    bd12-31
    いやはや、大変な最終12戦となりました。
    ルシードスケルトンリオバック水着の対戦、
    いかがでごさいましたでしょうか。

    あ、時間内に選手のコメントがとどきました。
    「タイホ!なしで終わって、マジでヨカッタ。」
    「でもでも、オレを野放しにするとヤバいぜ!」
    この選手、いい気になって、またどこへ出没するかわかったものじゃありません。
    アテンション、ブリーフ!

    なお、選手はこのノンストップ展開の連戦に、さすがにバテバテのもようでございます。
    ひとまず、夏休み、ということで、しばらく休憩の後、
    ブログを再開させていただく模様でございます。
    といっても、見せたがりの性格は変わりませんから、
    いつまでもジッとしているとは思えませんけどね。

    延長5連戦の中継は、バトルのマラダチ、マラダチ、でごさいました。
    また、バトルがございましたら、いつでもしゃしゃり出てまいります。
    それではひとまず、BEACH(?)からの中継を終了いたします。
    まだまだ暑いぞ~~~、夏バテするなよ~~。


    この番組は、明日のモッコリとマラダチライフをサポートする、
     新宿プリンの提供でお送りしました。


    すけ感たっぷりの雄ふぇちアイテムがいっぱい
    メンズインナーSHOP  新宿プリン


    WELCOME to TANZA's WORLD
    別荘  twitter  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:0 | トラックバック:0 |
    第11戦 いよいよルシードスケルトンに突入、真っ昼間からネオンでガチンコ!
    マラダチでございます。相変わらずド暑い日が続きております。
    いよいよ対決戦もオーラス。第11戦と最終12戦は、
    ルシードスケルトンリオバック水着(101A-B)のネオングリーン。どうして2回もかって?
    今回11戦のインナー対決と、最終12戦の直穿き対決のダブルヘッダーとなるから、であります。
    これは、この選手のもっとも得意とするアイテムだから、なのでございます。

    bd11-1
    ちょうど1年前、新宿プリンブログモニターとして、
    華々しく(ホントは、おっかなびっくりだったんですよ、ここだけの話)デビューしたのも、
    このルシードスケルトン水着で、ございました。
    その時はパープルのハーフバックと、ブラックのリオバックの、
    これもダブルヘッダーでございましたけれど、まあ、へたくそな撮り方で・・・
    オット、選手からモノを投げつけられそうですので、バクロはほどほどに・・・。
    おやおや、なんか背景にこだわっているようでございますねえ。監視員?
    ああ、監視員をしっかり監視しておきたい、な~るほど。

    bd11-2
    でも、股間を見せつけているだけじゃ、ないんですかア?
    監視員のお兄ちゃんたちは、いずれも、無視、のようでございます。
    デッキでなにしようか、関係ねーよ、って感じですかね。プール命ですよ、監視員はね。

    bd11-3
    しかし、だからといって、
    この選手を、いわゆる放し飼い状態にしておくのは、きわめてキケン、でありますよ。
    なにしでかすか、わかったものじゃない。
    タイホ!、されちゃった方が世のためなのかもしれません。
    対戦が全部おわって中継が完了したら、それでいいですよ。用済みですもんね。

    bd11-4
    おやおや、監視員への見せつけはおしまいですか。
    控えのデッキチェアにごろっとなっちゃいました。
    インナーは、どうやら、リオレースのGスト、同じネオングリーンであわせているようです。

    bd11-5
    真っ昼間でも、ごらんください。
    逆光気味のカットでも、ネオンがヒカッているでしょ。おそろしい。
    なんというネオンカラー。で、ありますから、このカラーはやたら目立つのであります。
    モッコリしていれば、なおさらでございます。

    bd11-6
    バックはバックで・・・ウウッ
    ほらね、インナーのGストの紐3本がスケスケじゃないですか。
    水に濡れてもいないのに。危険ですよ、これは。
    水に濡れたら、いったいどうなっちゃうんですか。

    bd11-7
    おや? このカットは?・・・なんなのですか?
    なんだ、脚の血管ウキウキを撮れって? ほっときましょう。

    bd11-8
    あらら、またデッキチェアにどてっとなってしまいました。
    あーなるほど。最後の深い深呼吸をして・・・
    起き上がるタイミングをうかがっております。いよいよ始まります。

    bd11-9
    ねそべったまま、監視員の動向を・・・
    気になるんスかねえ。あっちは完全に無視ですよね。雰囲気では。
    10
    bd11-10
    オっ、むっくりと上半身を起こしました。
    ナニをするのでありましょうか。いよいよ対戦?。
    11
    bd11-11
    ちがいました。ただ、小用に立っただけのようでございます。
    いや、ちがう。対戦に出る模様です。
    そのために、股間をちょっとだけ、シャワーで濡らしています。
    12
    bd11-12
    オオッ、オ~~。股間が、股間が、濡れそぼって、竿も玉もあらわに。
    たまりません。もっとズームでしっかり確認いたしましょう。
    13
    bd11-13
    こ、これが・・・、ルシードスケルトン水着の実力をちらっと見せてくれました。
    なんという張り付き方。これぞ実力、いやその、ちょっとだけよ、でありましょう。
    インナーの模様がめくるめくようなf/1のゆらぎをかもしだして、
    見ている側はフラッと酔いそうであります。
    14
    bd11-14
    太陽サンサン、陽射しの元に選手がもどってまいりました。
    こんなに明るいところでも、竿とツイン玉子の深い陰影がなんとも・・・
    中継席のわたくしも、吸い込まれそうであります。
    すぐ対戦に移るのでしょうかア? いやいや、まだちょっと間をおく模様です。
    15
    bd11-15
    バックは・・・ウップ。すっかり濡れ透けて・・・、
    Gストのストリングが3本・・・見え過ぎです。見え過ぎであります。
    16
    bd11-16
    ふたたび、寝そべって~~、
    な~るほど。股間の濡れモッコリの具合をしっかり見つめております。
    見つめれば、見つめるほど、選手はコーフンして発情してしまいます。
    暴走しても、この中継席からは静止することはできません。
    タイホ!の瞬間を中継することになるのでありましょうか。
    17
    bd11-17
    オっ、いよいよ対決です。水に入りました。寝そべり作戦の模様です。
    まずは寝そべったまま、濡れモッコリをいやらしいほどに強調する模様です。
    18
    bd11-18
    竿と玉のみならず、カリまで、カリまでその輪郭をあらわにしようとしています。
    なんということ、なんということ。
    こんなBEACH(?)de カリの輪郭をあらわにするなんて。
    19
    bd11-19
    サムネイルでもその輪郭がもっこりわかるのは、
    ルシードスケルトン水着だからこその、
    スケスケパワーに満ちあふれているからなのでございます。
    20
    bd11-20
    ひっくり返りました。バックも・・・
    しっかり濡れ透け、張り付き、Gストもあらわでございます。
    21
    bd11-21
    おおお~~ット、いきなり水にじゃぶん。はいりました。
    大胆。大胆であります。カットには入っていませんが、周りは人がうじゃうじゃいます。
    よくやります。こんなうじゃうじゃの人の中で。
    カメラマンはお客さんに迷惑のかからないようにと、カットするのに苦労しております。
    22
    bd11-22
    オっ、水からあがってまいりました。濡れそぼっております。
    股間はしっかり水を含んで、たれるしずくが、なんとも、いやらしい。
    でも、そこに口をつけて、すすってみたい気も・・・
    あ、わたくしとしたことが、はしたない。でもおいしそう。
    23
    bd11-23
    あっあ~~。いきなりウェーブです。波にもまれています。
    24
    bd11-24
    そうですよね。水着なんだから、ウェーブ対決は絶対必須ですよね。
    しっかり、ウェーブを受け止めております。
    25
    bd11-25
    第2波がやってきました。倒れることなく、ガッツリ受け止めています。
    これぞ、ルシードスケルトン。ネオンカラーが波のブルーに負けていません。
    26
    bd11-26
    第3波。相変わらず、しっかりと粘っております。
    そうです、こうでなくっちゃ。雄なんだから、ガツッと全身をマラダチ状態にしなくちゃ。
    え? 私の状態? そうです、それでいいんです。
    27
    bd11-27
    第4波。びくともしません。これでこそ雄。これでこそ雄、でございます。
    なんか、今日は妙に選手をほめちゃって、あれ?これでいいんでしょうか。
    うぬぼれちゃいますよ。こいつ。これはよくない、絶対よくな~い。
    28
    bd11-28
    と、申しましても、ほらごらんなさい。
    選手は意気揚々と、シャワーを浴びてさっさと帰る模様です。
    勝った気分でいるんでしょう。
    でも、アッ、股間をごらんください。これこそ、スケルトンのスケルトンたる濡れ透けです。
    カメラさん、もっとズーム、イン!
    29
    bd11-29
    あ、残念。バック向いちゃいました。
    でも、バックはバックで、その濡れ透けは、なかなかのもんであります。
    でも、股間のアップ見たい!。そうですよね、皆さん。
    30
    bd11-30
    オオッ、選手が応えてくれました。
    アップで見ると・・・これは、この張り付き方は、シャワーの水、じゃない、
    お湯を完全に味方につけています。
    31
    bd11-31
    あっあ~~、それ以上脱いじゃいけません。ダメです。反則になります。
    脱いじゃダメです。マッパはこの対決では反則です。
    みせりゃいいってもんじゃないっスから。
    32
    bd11-32
    オっ、バックショット。これも、なかなか。
    この濡れ透けは・・・
    続くダブルヘッダーの直穿き対決が思いやられます。
    33
    bd11-33
    次回オーラス、最終12戦。ルシードスケルトン水着リオバック
    ネオングリーンをBEACH(?)de 直穿きしたら、
    いったいどうなっちゃうのでありましょうか。
    わたくしは、ドキドキ、不安であります。でも、マラは立ちっぱなしであります。
    選手の股間はどこまであらわになってしまうのでありましょうか。
    ご期待下さい。中継は、バトルのマラダチ、でございました。
    (ウウッ、もう、ガマン汁いっぱいで、たれそう・・・)
    (にごり汁もちょっと混じって・・・栗くさい)
    (最終戦中継終わるまでもつかなあ。)
    (中継しながらイッちゃったりして、でも、気持ちいいだろうなあ・・・)
    なに、ピンマイクONだったの? 今の、そのまま流れちゃった?
    オレの本性ばれちゃったじゃんか~~、しゃーない。ひらきなおって、え~~、
    次回、マラダチが中継しながらイケルほどの対戦を期待しておりマッス。
    いいか、選手、手を抜くんじゃネーゾ。
    中継してやるこのマラダチを、中継しながらいかせてみろ~~わかったな~~
    中継は、バトルのマラダチ、マラダチ、でございました。

    明日のマラダチをガッツリサポートする
    インナーSHOP  新宿プリン


    WELCOME to TANZA's WORLD
    別荘  twitter  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:0 | トラックバック:0 |
    対決再開第8戦 BEACH(?)de エンボスクロコのナマ中継なのであります
    BEACH(?)de 対決、
    選手本人が勝手に延長宣言しちゃいましたから、もうやるしかありません。
    延長戦の1回目、第8戦は現場のBEACH(?)から同時ナマ中継でお送りいたします。
    第8戦はエンボスクロコハーフバック水着(115A-L)。
    カラーはパステルブルーであります。
    な~~んと、ほんのり青い感じ、おわかりいただけますでしょうか。
    リングサイドの中継席からは、パステルブルーのノーブルな色調と、
    その中に押さえ込まれているナニが、
    いやらしいほどにアンバランスな異彩を放っております。
    そしてまら、じゃなかった、
    そしてまた、エレガントな雄のにおいがただよってまいります。

    bd8-1
    しかし、リングの上空を見上げますと、
    なにやら怪しげな空模様、なのであります。
    厚い雲がたれこめて、ただならぬ、いやーな雰囲気がただよっております。
    これは、いったいなんでありましょうか。
    中継席から見ているだけで、背中がゾクッといたします。

    bd8-2
    リング上の選手も、この釈然としないただならぬ空気に、
    ちょっと緊張気味のようであります。落ち着きがありません。
    天気が悪くて、観覧席の人も少ないのでありますが、
    この中継席の私でさえ、なぜか背中に不気味な気配を感じてしょうがありません。
    なんなのでしょうか、この刺すような気配は・・・・
    選手もそれを感じているようで、落ち着きがありません。
    ぼーぜんと立ち尽くして、あたりを見回しているようです。
    しかし、試合前のインタビューでは、
    なにがなんでもこの延長5戦をやりぬくのだそうでございます。
    悪口、罵詈雑言、
    いわゆるラフコメントの類いは、どーでもよいのだそうであります。
    ただ、やりたいよーにやるそうなのであります。
    これを「強引マイウェイ」と呼ばずして、なんでありましょうか。強気です。

    bd8-3
    しかし、さっきから、
    ずーっと不気味な雰囲気がただよって、一向に消える気配はありません。
    ちくちく刺すような、グサッとくるような・・・・
    いったいどっかから、こんな鋭い視線が発せられているのでしょうか。ど~こ~だあ?

    bd8-4
    ところで、このエンボスクロコなるアイテムは、
    クロコダイル柄をパステルカラーにしちゃった戦闘用の水着であります。
    パステルカラーのワニなんて、今までにない、新しいワニのコンセプト、
    意表をつく発想なのであります。

    bd8-8
    パステルブルーなんて、ノーブルなワニ?
    ところが、おっとどっこい。

    bd8-7
    対戦前に体調を聞きましたところ、この選手は
    「メッシュでもないし、どーせ透けやしないから、」
    「ちょろいもんスよ~、なんて、てきとーにレポートするつもりだぜ・・・」
    などと、ほざいておりました。が、

    bd8-6
    「え? なにこれ?」
    「あ、インナーの当て布なかったんだ。」
    濡れると、いきなり張り付き対決開始!になっちまった~~」
    と、すっかりうろたえております。
    どーやら、当初の対戦イメージと違って、目論みが狂ってきているようであります。
    ふだんの、あの生意気なふてぶてしい態度はどこへやら。
    それに、ナゾの視線攻撃が加わって、まったく落ち着きがありません。
    果たしてこれまでのようにフォールに持ち込めるのか、はなはだ怪しい模様です。
    たまには、対戦相手にいじめにいじめぬかれて、
    股間ビンビンもっこりのまま、M気たっぷりで、
    息も絶え絶えにあえぎまくってほしいものであります。

    bd8-9
    オ、その兆候が見えてまいりました。リング上の選手、不覚をとったようです。
    ピタ~~~っとした、
    エンボスクロコの張り付きが選手のツイン玉子をバクロしやがりました。
    オッ、オ~~ット、これは意外な展開であります。
    もっとバクロしてほしいものであります。エンボスクロコ、もっと張り付け~~~。
    申しわけございません。ついついエンボスクロコを応援してしまいました。
    でも、こんな状況だと、そう叫びたくなってしまいます。
    リング上空は、ますます雲が重くたれ込め、お~~っと、ついに雨。
    いや、これはスコールであります。スコ~~ル、どしゃ降りです。

    bd8-10
    軽くシャワーを浴びるところから、対戦は始まったのでありますが、
    スコールが加わりますと、ますますハンパじゃない張り付き対決になっちゃいまして・・・
    もう完全に股間はできあがちゃっています。
    選手もそのことを十分わかっているのでありましょう。コーフンしております。
    10
    bd8-11
    透けやしないと思わせるエンボスクロコの内に秘めたこの実力、
    はんぱではございません。
    リング上の選手もすっかり脱帽の様子でございます。
    しかもスコールの急襲で、選手はすっかりあわてております。
    これはマズい。態勢をたてなおさないと、選手は崩れてしまいます。
    あ、また、視線がグサッと、どこからか来ました。
    いったいなんでしょうか、これは・・・
    それとともに、あ、閃光が! 稲妻? かみなり?
    いやいや、フラッシュです。フラッシュがばしゃっとたかれました。
    いったい誰なのでありましょうか。まったくのナゾ、であります。
    意外な展開になってまいりました。どこからか閃光が放たれました。
    ひょっとして、もしや、これはタイホ!のための証拠押さえ、なのでしょうかあ?
    おもしろくなってまいりました。こちらがコーフンしてきました。
    さっきの閃光で、股間の濡れ張り付きが、
    いやらしいほど、ますますあらわに・・・ゴクッ。
    ウ~~ム、この対戦、展開がまったく読めません。
    いったい誰が参戦しようとしているんでありましょうか。
    リングサイドで勝手に中継しているわたしには、まったくわからないのであります。
    誰だオマエ。出て来~~い。
    あ、ついついコーフンしてしまいました。
    11
    bd8-5
    一瞬の閃光はたちまちに消え、
    もとの暗雲ど~~んよりの、ただならぬダークなリングに戻っております。
    ところが、ところが、こんなダークなリングでも、スコールがいっそう激しい中、
    選手の股間の張り付きは、ますます激しさを増して、増して・・・
    中継席のわたくし、たまりません。自分の竿をがしっと握っております。
    12
    bd8-12
    あ、またまた、フラッシュです。フラッシュがピカッとたかれました。
    いったい誰なんでしょうか。
    13
    bd8-13
    お~~っと、今度はサイドを狙われました。
    バックの濡れ透けた張り付きも、しっかりバクロされてしまいました。
    選手は、なすすべがありません。いったいどのように反撃するのでしょうか。
    ここはアッと言わせる攻撃を期待したいところであります。
    14
    bd8-14
    あ、また閃光が。いや、しかし。反撃です。
    選手はすかさず真正面をがしっと見せつけて応戦しています。逃げません。
    15
    bd8-15
    な、なんと・・・・
    こんどは、ヒップで応戦。これは意外な展開。
    一瞬の閃光に臆すことなく、ガッツリ反撃しています。
    16
    bd8-16
    とうとう、選手は本格的に奥の手を出してきました。
    ハイビジョンモードのワイドサイズで撃破する模様です。
    エンボスクロコをぎりぎりまでズリ下げて、
    シャフトをギリギリモードにパワーアップさせています。
    17
    bd8-17
    オ、オ~~。とうとうこんなことまで・・・
    えぐれた日焼けあとラインも武器に使うようです。
    これは、なんと、極細ビルパンカットの日焼けライン。
    悩殺するつもりなのでありましょうか。
    エンボスクロコの張り付きとこの日焼けラインがタッグをくめば、
    これに勝てるものは・・・
    なにかありますう? ちょっと思いつきません。
    18
    bd8-18
    おやおや、選手は対決場所を芝生の上に移したようです。
    ふてぶてしい態度で、立っております。
    こんなに暗いのに、どーして、あんなに、張り付きモッコリ攻撃ができるのでしょうか。
    選手の実力もあなどれません。
    エンボスクロコの実力を逆にうまく利用しているようです。
    選手の方が一枚上手のようであります。これは素直に認めなくてはなりません。
    さすが何度も修羅場をくぐってきた選手であります。
    無言のうちに、「ドーダ」と言っているようであります。
    クリックしますと、ワッ、ハンパじゃございません。こんなに暗いのに・・・
    なんで、こんなに張り付きがみえちゃうの? 
    19
    bd8-19
    ヤシの木を背景に選手はすっくと仁王立ちしております。
    そこにまた、フラッシュが。相変わらず、ナニはあらわであります。
    20
    bd8-20
    おや、どうやらスコールも上がったようであります。
    ようやく青い空が見えてまいりました。
    今日はなぜがウォーターリングは使わないようであります。
    水に入る前にすっかり張り付き対決がガチンコで始まっちゃったから、
    水中バトルは必要ないと判断したのでしょう。
    21
    bd8-21
    これはこれでよいと、わたくしは思いますよ。
    エンボスクロコの実力を遺憾なくみせつけられた、と言えますもんね。
    どーです。この勝ち誇ったかのような選手のふてぶてしい態度は。
    なまいき、ごーまん、としか、言いようがございません。
    22
    bd8-22
    え、まだ見せつけるの?
    こんどはヤシの木の前で、また、おんなじふてぶてポーズ。
    少しは違うポーズしろよ、ってんだ。お前さんよう、あきられるぜ、なんて言われかねません。
    いえいえ、わたくしが言ってるんじゃありませんよ。
    誰かさんですよ、誰かさん。う~~んってうなってる誰かさん。
    23
    bd8-23
    え、もう1カット? まだやるの?
    くどいなあ。嫌われるよ。今日のラストだから許せ?
    まあ、ほっときましょう。こんな見せたがり野郎は。
    24
    bd8-24
    十分エンボスクロコの張り付きを見せつけたと、選手は意気揚々と引き上げるようであります。
    シャワーで対戦の汗とホコリを洗い流して、、、、るつもりで、また見せつけています。
    懲りない野郎だなあ。あ、また視線がグサッ。どこから? だれ?
    25
    bd8-25
    な、な~~んと。選手の真正面から、声がかかりました。
    ナマ中継で、その音声をお届けします。
    「ワイセツブツ陳列で、タイホ!されませんようにな。たのんまっせ~~」

    なんと、なんと、
    このBEACH(?)の管理人本人から、ジキジキにお声がかかりました。
    この方は初戦で、砂浜のごみをひろい歩いていた、さるお方であります。
    視線の出所は、このお方でありました。これは、マズい。大変マズい。
    なんと、初戦から今まで、しっかりと、マークされていたのであります。
    もう逃げ場はありません。選手はいったいどうなるのでありましょうか。
    タイホ? されるのでありましょうか。
    わたくしは、中継していただけですので、巻き込まれないようにさっさと消えます。
    以上、BEACH(?)de 対決第8戦、波乱含みのリングから、中継を終わります。

    (画像中継は回線もう切っちゃったんだぞ。どーすんだ。しょうがない、音声のみ送波ON。)

    あ、タイホ! を逃れました。
    どうやって管理人をまるめこんだのでしょうか。
    なにやら話をしています。股間は濡れモッコリの張り付き対決モードのままです。
    見ているコッチがはらはらします。
    あ、管理人に股間をさわられました(いや、さわらせている?)。

    新しい情報です。今日のところはタイホ!はない模様です。
    いや、ただ泳がされるだけ?
    ホントは次のスケスケ現場でガッツリ、問答無用でやられちゃう?
    管理人はそれを狙っている?
    選手番の記者がウンと言っております。どうやら、それが真相のようであります。
    選手はもう、すっかり顔も覚えられちゃって、
    マークがキツくなっているのは間違いないようです。
    残り4戦、果たして無事にお届けできるのか、私はなんとも不安であります。
    でもでも、中継はなんとしても、デジタルでお届けしたいと思います。
    見たいもんね。私も見たい、タイホ!されるとこ。そりゃスクープですよ。
    対戦が選手のタイホ!でストップするまで、なんとしても中継いたします。
    それでは、現場のBEACH(?)から、第8戦中継を完全に終わります。
    わたくしが誰かって。バトル中継といえば、このわたくしをおいて誰がいるのでしょうか。
    ナマ中継は、この、魔羅立イチロー、マラダチ・イチローが担当いたしました。
    残り4戦も、タイホ!されるその瞬間まで、このわたくし、マラダチが独占ナマ中継をいたします。
    ご期待下さい。マラダチでした。

    この番組は新宿プリンの提供でお送りしました。

    明日の豊かなモッコリライフを願う
     野郎のインナーSHOP  新宿プリン

    WELCOME to TANZA's WORLD
    別荘  twitter  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:2 | トラックバック:0 |
    対戦ちょっとブレイク なんと、パワーネットスケルトンに最強ゴールド登場!
    最初予定した7回の対戦をなんとかクリアした。最後はマジでやばかったなあ。
    さすがに、ちょっと緊張のしっぱなしで、ばてた。
    だから、1回ブレイク。
    ちょうど、新宿プリンさんから、連絡が入って、なんとなんと、
    パワーネットスケルトン水着に新色が出たんだって。
    さっそく、やりますって言って、送ってもらった。
    色は燦然と輝くゴールド。ウワッ
    もちろん透けるから、ゴールデンツインエッグ&シャフト状態になっちゃう。
    金・たまたまさお、だな。
    なかぐろ「・」は省略してはイケナイ。意味が違っちゃうから。

    png1-1
    この前はホワイトだったよな。これはBEACH(?)de の対戦でも紹介した。
    ちょっとだけ、室内撮りでビミョーなディテールを。
    色合いの違いがわかると思う。

    gpn1-2
    バックスタイルはハーフ。
    (ハーフはもう完売なんだって、ビックリ。追加発売あるのかな?)
    リオバックはまだあるみたいだから、よかったらドーゾ。
    ディープなリオのVカットもいいぞ。

    gpn1-3
    股間のアップも見たいんだろ。どんなメッシュなのかもね。
    全部ネットメッシュだから、隠しようもなく、スケスケでっす。

    gpn1-4
    こっからあとは、ゴールドを微に入り細に入り、レポートしよう。
    ていねいに、くどいほど、がオレのモットー。
    ただ見せたがりなだけ、なんだけどね。
    会社へ出勤する前の撮影、久しぶりの朝撮りTANZAッス。

    gpn1-5
    さあ、リキ入れて、サムネイルもちょい大きめで。
    オイシイ画像ばっかりだぞ。
    サムネイルでも、ナニの向きがぜ~んぶ透け見えちまう。

    gpn1-6
    まっつぐ。でもこれは、くっ、苦しい。
    カリのさきっちょが、むりやり、くにゃ。

    gpn1-7
    やっぱ、いつものオレのスタイルの方がいいな。

    gpn1-8
    このゴールドもオレはハーフバックをチョイス。
    たまにはしっとりおとなしく(どこが~~って? ハハハ)。
    もちろんゴールドにもリオバックあるよ。

    gpn1-9
    さあ、ひさしぶりに、連続ポージングいきますか。
    いろいろ、ふぇちにポースやりたくって。
    いきマッス。まずは力を抜いてスターティングポーズ。
    10
    gpn1-10
    両肩にちょっとだけリキ。
    実際には、上背部を意識して力を入れてる。
    三角筋とか僧帽筋とかね。
    11
    gpn1-11
    腕組みのポーズ。
    これは無言のままに、ヘイ、カモ~ン。
    「かかっこいよ、相手してやる」だぜ。
    12
    gpn1-12
    胸も背中も意識して、三角筋&大胸筋にちょいリキ。
    13
    gpn1-13
    腰をちょっとツイストして、なおかつアブと胸でムキッ。
    14
    gpn1-14
    で、元に戻って、キメ。
    腰を逆ツイスト。どーすか?
    15
    gpn1-15
    このまま、パワーアップ。
    カットもぐぐっとズーム。
    竿レフトくにゃの股間。金色に輝いてるだろ
    16
    gpn1-16
    お次は、下へたらし込みのもっこり。
    これもむりやりくにゃ、の感じっす。
    17
    gpn1-17
    下向き、アゲイン。
    とにかく全面パワーネットだから、ぜ~んぶ金色に透ける
    だーから、よけいに穿きたくなっちゃうんだな。
    18
    gpn1-18
    苦しいからやっぱり元に戻そう。
    オレにはこれが一番ぴったりだ。
    19
    gpn1-19
    さて、そろそろ出社の時間。
    イノッチがしゃべり始めた。
    今日もシンプルだけど、ナイスなファッションだなあ。見習わなくっちゃな。
    20
    gpn1-20
    あー、もう時間がない。
    着替え、着替え、今日はなにはいていこうか。
    21
    gpn1-21
    あ、そうそう。あと1カットだけ。報告がありマッス。
    なんとなんと、おなかにもとうとう血管が浮き出てきた~~~~~バンザイ。
    今はまだ、ミミズか、ちびヘビがうねうねのたくってる感じだけど、
    シェイプが順調に進んでるショーコ。よしよし。サイドライトでカシャッ。
    全身血管ウキウキボディがオレの理想だから、頑張るゾ!
    (まだ、ほんのり、浮き出てる程度だけど。わかるかな?)
    22
    gpn1-31
    あとは、ちょっとだけブラックスネーク(115A-O)を。
    これももう対戦でいきなり登場済み。
    この夏のニューアイテムトリオの一つ。渋くて好きだな。
    23
    gpn1-22
    リオバックのバックショット。
    シンプルだからかえって飽きがこない。
    24
    gpn1-23
    同じポーズでアイテムの違いを感じてくれ。
    このブラックスネークは裏地なしだからね、念のため。
    25
    gpn1-24
    さあて、次回からまたまたBEACH(?)de 対戦だ~~。
    次回、第8戦はコレ。
    26
    gpn1-25
    エンボスクロコハーフバック水着(115A-L)。
    カラーはほんのり色づくパステルブルー。
    でこぼこのエンボス加工がグレード感高いな
    27
    gpn1-26
    一見すると、なんだ、ふつーの水着じゃないかって?
    たしかに、そう見える。でもでも・・・・
    28
    gpn1-27
    別に透ける訳でもないし、ノーブルな雰囲気いっぱいで
    たいしたことねーや、って思って、タカをくくってたら・・・・
    29
    gpn1-28
    このアイテムには裏地がついてないから・・・
    とんでもなかった。
    30
    gpn1-29
    水に濡れ濡れ透けになったとたん、いきなり暴れワニになっちゃって・・・・
    31
    gpn1-30
    おとなしく納まっていたナニがキョーボーこの上ない状態に。
    あげくの果てに、BEACH(?)の管理人と真正面からニアミスして大ピンチ!
    逃げ場がない!!
    どうするTANZA?
    32
    gpn1-31
    第8戦から後半戦、もう、やるっきゃないから、
    次回から5回連続、休みなしで最後まで突っ走るぞ~~~
    オッス。

    この夏のニューアイテム水着・トリオがカルテットに
    (だったのが、もっと増えるらしい。いったい、いくつまで増えるの?)
    SHOP  新宿プリン


    WELCOME to TANZA's WORLD
    別荘  twitter  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:0 | トラックバック:0 |
    いよいよ中盤天王山 第7戦はタイホ!覚悟のデンジャラス・ブラックタイガー
    最初はこの第7戦を最終戦にするつもりだったけど、
    あと5戦、延長予告をだしちゃったから、もう引くに引けない。
    だから、この山場ともいうべき天王山の第7戦は、
    ほんとにアブナイ水着
    (でも、ホントに水着? それも検証しなくちゃな)
    アイテムはタイガーレーススケルトンハーフバック水着(106A-U)のブラック
    勝手に名付けて、その名も、デンジャラス・ブラックタイガー
    マジで、腹くくって、タイホ覚悟のトライアウト。
    なんせ、透け方がハンパじゃないから。
    (心の中は、BEACH(?)de 実際どうなのか、穿きたくて穿きたくて・・・)
    チャンス到来! ウキウキ。

    bd7-1
    相変わらずの真夏のピーカン。
    客が少ないから、かえって目立っちゃって。
    監視員がコッチにらんでる。ううっ。

    bd7-2
    ほんじゃ、いくよ。
    (ダイジョーブかなあ、びっくびく)

    bd7-3
    BEACH(?)入る前に、
    もう、おなじみ、いつものホットシャワー。
    (なんで、水が出ないんだろう、ナゾだ~~)

    bd7-4
    シャワー浴びながら、気持ちに気合いを入れる。
    ウッス。そしたら、
    またまた監視員と目が・・・、どきっ。

    bd7-5
    なにげないそぶりで、シャワー浴び続ける。
    ロングショットでも、そこそこ透けちゃって。

    bd7-7
    アップはなおさら。どうしようもない。
    でも、これはオレのせいじゃない。

    bd7-6
    太陽の陽射しさんさん、白浜の照り返しぎらぎらの野外で、つくづく思う。
    なんちゅう、ハニカムメッシュなんじゃ~~。

    bd7-8
    タイガーレーススケルトンハーフバック水着を作ったデザイナーのココロにだな、
    隠そうっつう気持ちがカケラも、ない。
    イジワル。

    bd7-9
    もっとも、オレも、隠そうっつう気持ちはないから、いっしょだな。
    あっ、監視員が近づいてきた。どうしよ。タイホ!か?
    だって、このサムネイルでもまる見えだもんな。
    オレ、覚悟決めた。
    10
    bd7-10
    と、思っていたら・・・・
    なんだ、いっちゃった。拍子抜け。
    いいんだな、ホントにいいんだな。
    よし。じゃあ、水に入りまッス。
    11
    bd7-11
    まずは、そろそろと、ちゃぷちゃぷプレイ。
    ついつい、あたりをきょろきょろ見ちゃう。
    12
    bd7-12
    マ、マズい。
    立つと、確実に目の前にいる監視員と接近戦の直接対決。
    こんな濡れ透け、間近で見せつけたら、即、レッドカードまちがいない。
    TANZAついに玉砕か・・・。い~や、それだけは絶対に避けたい。
    だから・・・このままねばってはいつくばる。
    上向きでねたままほふく前進! ゴソゴソごそ。
    13
    bd7-13
    とにかく、場内アナウンスだけは、かんべんして~~。
    「ナニがスケスケまる見えの水着を着用されているお客様は~~~」なんて。
    だから、ひたすら、はいつくばる。
    これも生き残るための戦法だ~~
    さすがにオレも、このブラックタイガーには負けそう。
    このハニカムメッシュの迫力は、どーしよーもねーぜ。
    風の便りに、都内のマ・・・なんとかっつうプレイスポットの競パンデーに、
    ブラックタイガー穿いたTANZAもどきが出没するってのも、わからんでもない(オレじゃねーぞ)。
    14
    bd7-14
    でも、この上向きほふく前進だけじゃ、フォールできねーな。
    よっしゃ。ウェーブ対決で決着つけようぜ。
    もたもたしてるとヤバイから、一発で決めるゾ。
    だんだん監視の目がきつくなってきた。
    15
    bd7-15
    ウェーブ、来た~~~~~~~
    16
    bd7-16
    よっしゃあ~~、サクセス!
    いつものスタンディングポースは撮れなかったけど、
    まあ一応なんとかのりきったっつうことで(いいわけ、ひや汗たらたら)。
    17
    bd7-17
    ナニをどっちに向けようと、
    ハニカムメッシュのシルエットまでくっきり透けちゃって、
    どーしよーもありまっしぇ~~ん。
    18
    bd7-18
    こっち向けたらシルエットは消えるけど、ナニが・・・・
    19
    bd7-19
    まあ、とにかく、よくぞここまで、
    場内アナウンスも、タイホ!、もなく、撮れたもんだなあ~~
    我ながら、感心するやら、あきれるやら。どうなってんの?このBEACH(?)。
    じ~~っと見られはしたけど、結局な~んにも言われんかった。
    正直、あぜん。いいの~~、ほんとに、いいの~~? いい、あっそう。
    20
    bd7-20
    だったら、またまたラストにおふざけ。
    でも、このカットの方が実は透け方が少ないのだ。
    21
    bd7-21
    報告シマッス。タイガーレーススケルトンハーフバック水着
    BEACH(?)de なにごともなく穿けましたっ。
    でも、他のBEACH(?)de どうなのかは、オレは、知りまっしぇ~~ん。
    穿きたいヤツが、タイホ!覚悟でトライしてくれ~~。

    ps. 竿も玉もハンパじゃないこのカッコでつくづく思う。
      サムネイルでもスケスケなのに、新宿プリンさん、
      どうやってこのブラックタイガーのメルマガ、作るんだろ。
      オレは知らんぞ。オレは穿いただけだからな。
      え、メルマガなし?
      サムネイルでも、こんなのは載せられないから、今回はパス?
      そりゃないぜよ~~~。
      こんなチョースケスケ水着作ったのは新宿プリンさんだぜ!


    夏のメンズアイテムいろいろ
    SHOP  新宿プリン


    WELCOME to TANZA's WORLD
    別荘  twitter  jognote blogram

    FC2 Blog Ranking 

    ブログパーツ

    blogram投票ボタン

    ↓ Clap please, if you have enjoyed TANZA's Web-site.

    別窓 | SWIM | コメント:2 | トラックバック:0 |
    | 筋トレスイマーTANZAのスポユニフェチな日々 | NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。